新横浜かとう眼科|日帰り手術(白内障・硝子体・緑内障)

神奈川県横浜市港北区新横浜3-5-1 新横浜KTビル 5階

045-534-5671

市営地下鉄ブルーライン・JR横浜線・東海道新幹線 「新横浜駅」徒歩1分

ごあいさつ

院長 加藤 徹朗
院長 加藤 徹朗

眼科医としてこれまでの18年間で得た知識や経験を生かして、
患者さんにとって身近で相談しやすい眼科を目指します。

このたび、新横浜駅前に「新横浜かとう眼科」を開設させていただくことになりました加藤徹朗(かとうてつろう)と申します。

私は横浜市立大学医学部を卒業し、眼科学教室に入局したのち、関連病院で主に手術治療の修練を経て大学病院に戻り、助教として6年間、主に白内障・網膜硝子体を担当してまいりました。

その後、横浜労災病院の眼科部長として、27ゲージ&広角眼底観察システム硝子体手術の立ち上げ、先進医療による多焦点眼内レンズ白内障手術を立ち上げ、近隣の医療機関の先生方から多数の患者様のご紹介をいただき、数多くの手術を担当させていただきました。

また、横浜労災病院眼科の若手医師の手術指導も精力的におこない、他にも神奈川県内の基幹病院にて後輩医師の手術指導・育成をおこなってまいりました。

私は子供のころから細かい作業をするのが大好きでした。手先が器用なことを生かして、顕微鏡を使った眼科手術をしたいと思い、眼科医になりました。

眼科医としてこれまで18年間、得た知識や経験を生かして、「日帰り硝子体・白内障・緑内障手術」を特徴とし、患者さんにとって身近で相談しやすい眼科を目指します。

どうぞよろしくお願いいたします。

略歴

  • 2000年横浜市立大学医学部 卒業
    横浜市立大学附属病院 研修医
  • 2002年横浜市立大学医学部眼科学教室 入局
  • 2003年藤岡眼科病院(函館市)
  • 2005年茅ヶ崎市立病院眼科
  • 2007~
    2013年
    横浜市立大学附属病院眼科 助教
  • 2013~
    2016年
    横浜労災病院眼科 副部長(眼科責任者)
  • 2016~
    2019年
    横浜労災病院眼科 部長
  • 2020年新横浜かとう眼科 院長

専門分野

  • 白内障手術・網膜硝子体手術

所属・資格等

  • 日本眼科学会認定 眼科専門医
  • 横浜市立大学医学部眼科非常勤講師
  • PDT認定医
  • ボツリヌス注射認定医